預託について

養老牧場に馬を預けたいと考えている皆様へ

■準備金 5万円
飼料を入れるバケツ、水飲み用バケツ、厩舎用のゴムマット2枚等の備品購入や、予防注射、駆虫、初回の削蹄代等、入厩する際の準備金として使用します。

■死亡時にかかる費用 10万円
<内訳>死亡診断書   1万5千円
    運搬トラック代 5万円
    処理費用    3万5千円
こちらの費用につきましては、入厩時にお預かりしておりますが、ご相談にも応じます。

■預託金
全頭厩舎飼い:月額 5万8千円
牡馬の場合、セン馬にされるようにお願いしていますが、そのままでもお預かりできます。まずはお気軽にご相談ください。牝馬もお預かりしています。

■飼料の内容
:オオツヘイ、おから、穀類、ダイズカス、麦
※馬の状態によってはハイゲイン、発酵牧草、シニアハイゲイン

:オオツヘイ、スピーディーピート、ダイズカス、麦、岩塩
※馬の状態によってはヘイキューブ(小さくし、熱湯で煮沸)
※ハイゲイン、発酵牧草、シニアハイゲイン

:オオツヘイ、穀類、麦、フスマ少々、ダイズカス、ハイゲインなど

おやつ(2:00~):チモシー少々、りんご、ニンジンなど・・・
※その他、個体別に応じて、サプリメントやビタミン類をプラスします。

預託についてのQ&A

■馬の病気・怪我について

  • 《病気・怪我時》
    ・馬が病気、怪我の時は、獣医師さんに必ず診てもらっています。
    ・どんな小さな病気、怪我でもオーナーさんにお知らせしています。
    ・原因を調べて、オーナーさん、牧場、獣医師で話し合います。
    ・治療代が高くなるときは、オーナーさんと相談させていただきます。
    《死亡時》 
    ・馬が急死した時は必ず、獣医師さんに診てもらい、原因を調べます。
    ・その他の死亡の時は、オーナーさんとどのような処置をするか話し合います。
  • 常備薬
馬の生活環境について

お世話になっている獣医師さん

椎名動物医院(千葉県) 大動物専門の獣医師さんです。
井上 一馬 先生(東京都) 馬の歯医者さん 年に一回、歯の治療の為、来られます。

獣医さん(近辺地域)でお世話になっている医療関係

家畜保健所獣医スタッフの皆さん。
馬たちの予防接種、デンピン検査、病気の時など、1時間以内に往診が可能です。

千葉県の大動物専門獣医さんと連携して治療をします。

お世話になっている装蹄師さん

装蹄師さんに蹄のお手入れをしてもらっています。
九州よりおいでいただいております。
※削蹄代は、預託代に含まれておりません。
1回6,000円です。年に6回行います。